ニワホーム

0120-44-8968 営業時間9:00~18:00

  • 定休日/カレンダー
  • お問い合わせ
  • 資料請求

2018.11.2

「おさんぽマルシェ」始まります!

こんにちは。  
ニワホームの丹羽剛仁です。 
 
ニワホームは地域の方の暮らしに寄り添う地域密着の工務店だけれど、残念ながら地域の方には気軽に立ち寄れるお店と思われていないようです。確かに、お家を新築したりリフォームしたりする会社ですから、日常的に接点があるという人は社員と取引先くらいで、一般の方には敷居が高いし、そもそも馴染みがありませんよね。 
 
「この状態を何とかしたい!もっと気軽に立ち寄ってもらえるようになるための妙案はないものか…」と社員のみんなで知恵を出し合ったところ、「毎月28日を「ニワホーム」の「ニワ」にかこつけて、「ニワホームの日」にするのはどうだろう?」という案が出てきて「そりゃいいね!」ということになりました。しかし、毎月28日に何をしてお客様に来てもらうかが決まらず、悶々とした日々が続きます。 
 
そんな時ふとニワホームでお店づくりのお手伝いをさせていただいたパン屋さんに「何か良いアイデアないですか?」と相談したところ、「毎月マルシェを開催すれば、気に入ってくれたお客様が毎月通ったり、お知り合いを連れてきてくれたりして、賑やかになるんじゃないかしら?」と答えてくださり、一気に視界が開けました。そうだ、その手があったか! 
 
…と前置きが長くなりましたが、毎月28日はニワホームの日ということで、この日にニワホーム本社特設会場で、10時から13時までの3時間だけのマルシェを開催することになりました。題して「おさんぽマルシェ」。ご近所の方に、散歩の途中にふらっと立ち寄ってもらえるようなカジュアルでフレンドリーなマルシェにしたいとの願いを込めて命名しました。 
 
記念すべき第1回は11月28日(水)。パンなどの食品販売、ハンドメイドグッズ販売、ワークショップ、そしてキッチンカーによる揚げたてメンチカツの販売と、なかなかのラインナップとなりました。朝10時から昼過ぎ13時までの3時間だけの開催ですので、ぜひ、ご家族やお友達とお誘い合わせの上で遊びに来てください。スタッフ一同、あなた様のお目にかかれるのを楽しみにしています! 
 

2018.09.9

本日の営業について

本日はLIXIL小牧ショールームでの「秋の増改築&リフォームまつり」で全社員が出払いますので、事務所は終日不在となります。電話は転送されますので、ご入り用の際は来店ではなく、フリーダイヤル 0120-44-8968 におかけになるか、当ウェブサイトからチャット、LINEから1:1トークでお問い合わせください。  
 
ご不自由おかけしますがよろしくお願いいたします。  
 

2018.09.5

トタン・波板・塀・瓦…

こんにちは。 
ニワホームの丹羽剛仁です。 
 
昨日の台風21号は死者11人、住宅300棟超に一部損壊や床下浸水などの被害が発生しました。これをお読みのみなさんのご自宅やご実家、大切な人のお家は大丈夫でしたでしょうか? 
 
ニワホームのお客様宅も被害を被ったところが非常に多かったようで、今日は朝からひっきりなしに電話が鳴り続けてんやわんやの状態でした。運悪く水曜日で日曜出勤シフトの2人が不在だったのも痛手で、さすがの僕も今日はお客様まわりの最前線に立たなければなりませんでした。 
 
僕が把握しているだけでも、今日一日でいただいた修理依頼はなんと37件。1ヵ月の案件発生数の1.5倍近い量の案件が、わずか1日で生み出されたことになります。ご依頼内容は「屋根のトタンが飛んだ」「テラスの波板が飛んだ」「塀が倒れた」「瓦が倒れた」という4択のいずれかに概ね該当していますね。 
 
これだけ一度に重なるとどうしても「順番のご対応になります」と答えざるを得ないのが辛いところです。大切なお家が被災して「早く直したい!」と気持ちがはやるのは分かりますが、少ない人数でやっているのでご理解いただけると大変助かります。 
 
わがままを申しますが、あなた様が一日も早く通常の暮らしを再開できるよう、スタッフ一同最善を尽くしますので、引き続きよろしくお願いいたします。 
 

2018.09.4

非常に強い台風21号が接近中

こんにちは。 
ニワホームの丹羽剛仁です。 
 
台風21号がまもなく上陸します。1996年の台風13号以来25年振りに、非常に強い勢力を保ったまま上陸することが確実で、西日本から北日本の広い範囲で猛烈な風雨となることが予想されます。 
 
今回の台風の特徴は、本州付近で速度を上げるため、急に雨や風が強まることだと言われています。少しの油断が命取りになりますので、まだ大丈夫だろうと水辺に近寄ったり、屋外に出たりしないでください。 
 
また、雨以外、風に対しても十分な警戒が必要です。塀や屋根が倒壊するおそれや、外に出るのも危険な状況となることが予想されますので、自宅や会社の周りの危険箇所を考えて行動しましょう。 
 
その他にも、トラックなどの車両が横転したり、看板が飛んできたり落ちてきたりする危険もあります。とにかく25年振りの「非常に強い勢力」ですので、厳重な注意が必要ということを肝に銘じてください(1993年の台風13号は、非公式ながら風速100m越え、公式でも歴代1位の強風になっている地域があります)。 
 
一方、自宅や会社の所在地ではどんな危険があるのか、予めチェックしておくことも大切です。洪水・土砂災害・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどをピンスポットで検索できる、国土交通省提供の「重ねるハザードマップ」をぜひ一度開いてみてください。 
 
最後に、万が一浸水被害に遭った時は、「震災がつなぐ全国ネットワーク」のウェブサイトを参考に、できるだけ冷静に行動するうようにしましょう。 
 
とにかく、今日一日は絶対に油断することなく、常に最新の気象情報に注意し、早め早めの避難、安全確保を心がけてください。  
 

2018.09.3

スタンダードグリッドのパンフレットができました!!

こんにちは。 
ニワホームの丹羽剛仁です。 
 
カスタムメイドの家・スタンダードグリッド(SG)のパンフレットがようやく完成しました! 
 
SGが提供するライフスタイルを一言で言うと、「安くカッコよく、暮らし自分流。」 
街中の騒音から離れて休日は家族とゆっくり過ごす、ONとOFFのある暮らし。毎月のランニングコストを少しでも暮らしと趣味に活かし、もっと自分達家族らしいライフスタイルを楽しみたい。スタンダードグリッド=「SG」はそんな家族の住まいを応援するために生まれた家です。 
 
ラインナップは、今人気の平屋がメインの「ベーシックシリーズ」と、平屋にプラスアルファの空間を乗せた「ボーダーシリーズ」の2タイプ。どちらがあなたの好みやライフスタイルに合うのか、まずはパンフレットを手に取ってじっくりとご覧ください! 
 
↓↓↓資料請求はこちらから↓↓↓ 
https://niwahome.jp/inquiry/ 
 

2018.09.3

9月の住宅ローン金利が発表されました

こんにちは。 
ニワホームの丹羽剛仁です。 
 
9月の住宅ローン金利が各行から発表されました。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三井住友信託銀行の大手4行が10年固定型の最優遇金利をそれぞれ0.05%引き上げ。三菱UFJ銀行が0.90%、三井住友銀行が1.20%、みずほ銀行が0.90%、三井住友信託銀行が0.85%となっています。 
 
このような結果となった背景には、7月31日に日銀が開いた金融政策決定会合で一定程度の金利上昇を容認する方針を発表したことがあるのは間違いありません。このまま右肩上がりの傾向が続くのかどうか見極めが必要ですが、単純に国内の景気が良いとか悪いとかだけではなく、アメリカやEUなどの中央銀行の金利動向、原油価格の推移、その中で我が国の低金利政策がどう影響を受けどこへ向かうのか、そのような幅広い視点を持っていただければと思います。 
 
ただ、各行の住宅ローンに対するスタンスには差ができつつあります。昨年末に最終合意した国際的な銀行規制の枠組みである「バーゼル3」が2022年から段階的に導入され、住宅ローンは頭金の支払額が少ない場合などに、従来より多くリスク資産と見なされるようになるため、大手には「残高を無理には増やしたくない」との思惑が働くようになっています。 
 
一方宇、地銀・信金に目を向けると、先月も今月も金利を引き上げずに頑張っているところが多く、例えば岐阜信用金庫と十六銀行は0.65%と、大手よりも低い水準となっています。これは、住宅ローンで顧客と接点を持つことで退職金の運用など、後々の取引につながることを期待しているからです、 
 
このように、住宅ローンには従来とは違った動きになってきているので、これまでの常識だけで判断するのは注意が必要です。「じゃあ自分たちはどうしたらいいの?」と不安になった方、ニワホームでは定期的に資金計画セミナーを開催していますので、よかったらぜひ話を聞きに来てくださいね。 
 

2018.09.2

高校生のインターンシップ

こんにちは。 
ニワホームの丹羽剛仁です。 
 
8月27日(月)・28日(火)の2日間、江南市の名門・滝高校に通う4名の生徒さんが、ニワホームにインターンシップでやって来ました。地元・岩倉中学校の2年生を職場体験学習で受け入れたことはあるのですが、高校生は初めて。十分なおもてなしができるだろうかと不安を抱えながら当日を迎えました 
 
やって来たのはビジネス部というクラブに在籍している2年生1名・1年生3名の、いずれも女の子の生徒さん。ビジネス部というのは商品開発とビジネスプランニングに取り組んでいるとのことで、実際に企業や店舗と組んで商品を作って販売したり、ビジネスプランを競い合うコンテストに出場してプレゼンテーションしたりするのだそうです。 
 
そんな優秀な生徒さんたちに満足してもらうことはできるのかな?とドキドキでしたが、自ら行きたいと手を挙げただけあって意識もモチベーションも高く、私たちニワホームのスタッフが用意したどのプログラムにも積極的に貪欲に取り組んでくれました。1日目は午前が社長によるニワホームと地域密着型工務店についての講義、午後がお客様へ贈るプレゼント制作とインテリアプランの作成。2日目は午前がイベント用のPOP作成、午後が現場での施工体験と新築現場見学。お昼にはニワホーム施工のおうちカフェ「PONS CAFE」さんへ行き、美味しいカフェランチを味わってもらいました。 
 
もてなす側としては「もっとああしてあげれば良かった」と反省しきりですが、彼女達はどうだったでしょうか。ニワホームで過ごした2日間の体験が、彼女達のこれからの人生で何かの役に立つこと、そして自分たちが住む街の身近なところに地域密着型工務店があって、街の人達が安心して暮らせるよう日夜頑張って仕事しているんだとといつか思い出してくれることを願っています! 
 
 
「毎月28日はニワホームの日」で店頭に並べた野菜にPOPを作ってもらいました。 
 
 
リフォーム現場で、せっこうボードにビスを打つ作業体験をしてもらいました。

2018.08.27

さくらももこさん死去

こんにちは。 
ニワホームの丹羽剛仁です。 
 
「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんが乳がんで亡くなりました。享年53歳。僕とほぼ同年代と言っていい年齢です。 
 
若すぎる死という声があちこちから聞かれましたが、彼女は亡くなる以前こう話していたそうです。 
 
「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋) 
 
もし自分があと3年で天に召されてしまったら、同じことが言えるだろうか…と考えると、きっとやり残したことが山積みで、ただただ無念な思いだけが残りそうな気がしてなりません。 
 
年齢は3つしか違いませんが、人生の密度はきっと雲泥の差のはずです。彼女は逝ってしまいましたが、幸いなことに僕はまだ生きています。僕を必要としてくれる人のために、一日一日を大切にして、これまでの人生よりうんと密度の濃い人生を生きていこうと思います。 
 
心からさくらももこさんのご冥福をお祈りいたします。 
 

2018.08.26

チャット機能をご利用ください!

こんにちは。 
ニワホームの丹羽剛仁です。 
 
お客様が当ウェブサイトを見て何か問い合わせしたいなと思った時、これまでは「お問い合わせフォーム」をご利用いただくしかありませんでした。これはこれで良いのですが、氏名・ふりがな・電話番号・メールアドレスの入力が必須であるため、「ちょっと分からないことを訊きたいだけなんだけどなあ…」という方にはいささか敷居の高い手段だったかもしれません。 
 
この問題を解消してより気軽にお問い合わせいただけるようにしようと、7月のリニューアルに合わせてチャット機能を全ページに実装しました。ページ右下にある「チャットで質問する」というオレンジ色のボタンがチャット機能の入口になります。 
 
初めて何か入力した後に名前の入力を求められますが、本名ではなくハンドルネームや仮名でもOKです。まるでLINEでやり取りするような感覚でお使いいただけますので、今まで問い合わせをためらっていた方はぜひ一度チャット機能をお試しください! 
 

2018.08.25

9月のフラット35金利予想

こんにちは。 
ニワホームの丹羽剛仁です。 
 
住宅ローン金利に上昇の兆しが見えてきました。変動金利の水準に大きな変動はありませんが、10年固定を上げてくる金融機関がちらほらと出てきています。例えばりそな銀行はプラス0.05%の0.75%。一方、三菱UFJ銀行などメガバンクは様子見なのか据え置きとなっています。 
 
全期間固定金利の住宅ローンとして知られるフラット35は、8月の金利に動きはありませんでしたが、元締めである住宅金融支援機構が機関投資家に販売している支援機構債券が0.05%上昇したので、これにダイレクトに連動するフラット35の9月の金利は間違いなく上がるはずです。即ち、8月の金利が1.34%でしたので、これに0.05%をプラスすると1.39%と予想できます。 
 
7月31日に日銀が開いた金融政策決定会合で一定程度の金利上昇を容認する方針を発表したことで、9月は各行とも10年固定などの長期金利を上げてくることが確実視されます。では動きのない変動金利を選べばいいのか…というと、そんな単純な話ではありません。 
 
訳が分からなくなったとお嘆きのあなた様、まずは一度ニワホームへご相談ください。ご家族のライフプランにピッタリの無理のない住宅ローンを一緒に選んでいきましょう!