LINE公式アカウントで情報配信中!

ニワホーム

0120-44-8968 営業時間9:00~18:00

  • 定休日/カレンダー
  • お問い合わせ

2020.07.10

住宅ローンボーナス返済、コロナ影響で30代の28.4%が「後悔」

オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」を運営する株式会社MFS(東京都千代田区)は6月26日、現在住宅ローン返済中の30代〜50代の男女592名を対象に実施した「新型コロナウイルスによる、住宅ローンボーナス返済への影響」に関するアンケート調査の結果を発表しました。 
 
調査結果の詳細は下記URLをクリックして、新建ハウジングDIGITALのニュース記事にてご確認ください。 
https://www.s-housing.jp/archives/205624?utm_source=weekly&utm_medium=email 
 
この結果がなかかな興味深いのですが、案の定というか、住宅ローンの返済にボーナス返済を選択している人が全体で37.7%もいて、そのうち30代では28.4%(およそ3人に1人)がボーナス返済を選択したことを後悔しています。そして、どうしてボーナス返済を選択したのかという問いに対しては、60.5%が「毎月の返済額を減らしたかったから」、次いで24.2%が「定年までに住宅ローンを返済したかったから」と答えています。要するに「無理が祟った」「見通しが甘かった」ということでしょう。 
 
今回のコロナ禍でハッキリしたと思うのですが、いくら業績の安定した大企業であっても「絶対」はありません。ボーナスはやはり水物なので、業績が急激に悪化すれば原資がなくなり大幅ダウン(場合によってはゼロ)となっても不思議ではないのです。そんな水物であるボーナスをアテにして「毎月の返済額を減らしたい」「定年までに住宅ローンを返済したい」などと考えてしまったことが、悲劇を生んだと言えるでしょう 
 
なので、これから家を建てる方はここから学ばなければなりません。まず第一に、住宅ローンの返済にボーナス返済を組み入れなくても良い程度の資金計画を立てること。第二に、定年までに完済するような無理な返済計画を立てないこと。第三に、ボーナス返済を当たり前のように提案してくる住宅会社を信用してはならないということ。 
 
こうしたことを的確に判断するためには、お金の人生設計とも言われるライフプランシミュレーションを入念に行うのがベストです。また、「この先の人生、どうやって生きていきたいか」についてご夫婦で、ご家族で腹を割って話し合うことを避けて通らないようにしてください。いざという時の生命保険まで掛け、命がけで住宅ローンを返済していくのですから、後で後悔しないようできる限りの検討を行った上で、納得づくで進めていっていただけたらと思います。